メガネを購入するシーンといえば、視力が極端に下がり、日常生活に不都合を感じ始めたときではないでしょうか。視力が悪い人の必須アイテムともいえるメガネですが、ファッションアイテムとして取り入れる人も増えています。ここでは、メガネをかけるメリットと、顔型別に似合うメガネをご紹介します。

メガネをかけるメリット

メガネの役割は、視力を矯正するだけではありません。視力が良い人でもメガネをかけることで、さまざまなメリットが得られるのです。いわゆる「伊達メガネ」ですね。それでは、ファッションアイテムとしてメガネをかけるメリットをご紹介します。

一昔前であればメガネというと視力の矯正のために使用する印象を持たれがちでしたが、時代の移り変わりの中で視力が悪くない人の使用も増えています。矯正する必要がないにもかかわらずメガネを使用する大きな理…

Read more

「とにかく小顔に見せたい!」と思っている人は、サイドフレームのデザインに着目したメガネ選びをするのが効果的です。例えば丸い形のフレームのメガネの場合、顔のサイズに合っていれば違和感なくかけることが…

Read more

メガネと洋服の色を合わせることで、一気にオシャレな雰囲気を演出することができます。たとえば、メガネと洋服の色を同系色でまとめると、メガネが不自然に浮いて見えることなく、調和のとれたコーディネートに…

Read more

メガネを使うのはいつ?

メガネは、視力が低下している人がものを見やすくするために使います。近視用や乱視用など様々なタイプがあるので、自分に合ったものを使用します。

顔型別に似合うメガネのタイプ

どんなメガネが似合うのかは、顔の形によっても変わってきます。たとえば面長の人が、縦方向の長さを強調するタイプのメガネを選んでしまうと、顔がより長く見えてしまい残念な結果になりかねません。ここでは、顔型別に似合うメガネをご紹介します。

可愛らしい印象の丸顔の方には直線的で角のあるフレームがおすすめです。その中でも、シャープさを感じさせるスクエアタイプがあります。縦の幅を抑え、横幅があるのできりっとした印象を与えます。スクエアタイ…

Read more

落ち着いた大人っぽい印象を与える面長の顔は、メガネの中では定番のウェリントンタイプがお勧めです。ウェリントンタイプはスクエア系のフレームの一つで逆台形型とも言われ、天地幅(上下幅)が広く、角ばった…

Read more

逆三角顔は、顎のラインが鋭角で引き締まった印象を与える点が最大の特徴と言えるでしょう。逆三角顔の人には、小顔で八頭身が多いと言われています。場合によっては、少しキツい感じに見えることもあるかもしれ…

Read more